脱毛サロンで主流になっている施術方法と言えば、「フラッシュ脱毛」ですね。ライト脱毛、光脱毛、IPL脱毛、SSC脱毛など様々な呼び方をされていますが、実は全て同じフラッシュ脱毛なのです。

脱毛にはいくつか種類がありますが、クリニックで行うレーザー脱毛、電気ニードル脱毛、脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛の三種類に大まかに分類されます。今回は脱毛サロンで主流のフラッシュ脱毛についてお話したいと思います。

フラッシュ脱毛にもいくつか種類がある

なぜ同じフラッシュ脱毛なのに、IPL脱毛やSSC脱毛など呼ばれるのかと言いますと、同じフラッシュ脱毛機であっても照射する光や使用するジェルの違いを現わしています。

脱毛サロンの施術方法の違い

IPL脱毛はインテンス・パルス・ライトという特殊な光を使用して行い、SSC脱毛は、クリプトンライトという特殊な光を使用して行います。

どちらも脱毛のシステムや仕上がりには大きな差はありませんが、肌への優しさや美肌効果などはSSC脱毛の方が高いと言われていますね。敏感肌の方にはSSC脱毛がオススメだとか。

そもそもフラッシュ脱毛ってどのような仕組みでムダ毛を根こそぎ処理するのでしょうか?

光を使用して脱毛をするのがフラッシュ脱毛ですが、この光というのが黒色のメラニン色素に反応するように出来ています。これが黒色メラニンの多い毛根に働きかけ、直接ダメージを与えて毛母細胞を破壊します。

毛母細胞とは簡単に言えば、毛がまた再生するために必要なもので、再生のために組まれている組織を発毛組織と言います。フラッシュ脱毛は毛根とくっついている発毛組織にダメージを与える事でその一部の機能を停止させてしまいます。

ダメージを与えられた毛根は、施術から数日で力尽きたようにぽろぽろ抜け落ちてしまいます。組織を破壊したので毛根が死んでしまったのですね。

毛には毛周期というものがあり、成長期、退行期、休止期の三つのサイクルで成り立っています。

フラッシュ脱毛を行うのは「成長期」の時。退行期は毛が抜けるサイクルであり、休止期は発毛が休止している状態です。現在見えている毛はほとんどが成長期に該当していますので「自分の毛が成長期か退行期かなんてわからない」と心配する事はありません。

一回目の施術が終了したらムダ毛が抜け落ちて休止期に入ります。サイクルが巡り再び生えてくるのが2,3カ月後ですので、施術後から2,3カ月経ったら再びフラッシュ脱毛をして毛根にダメージを与えていきます。

この作業を4回ほど繰り返すと、新しく生えてくる毛の量に大きな違いが現れるようになり、毛質も剛毛から柔らかい毛に変わっていきます。最低でも6回の施術が推奨されているのは効果が目に見えてくる4回にプラスしてしっかり生えてこないように脱毛してもらうためですね。

毛周期のサイクルに合わせて、2,3カ月に一回の脱毛が基本になっていますが、顔の場合は1,2か月で成長期に入るとも言われています。毛周期は個人差も関与してきますので、その辺りは脱毛サロン皮とよく相談してみてくださいね。

フラッシュ脱毛方式にはメリットがたくさんある!

フラッシュ脱毛もメリットはたくさんあります。フラッシュ脱毛の機械はもともとフォトフェイシャルという美肌を作るための施術に使用されていたものでした。

毛穴を引き締めハリツヤを与えて美しい肌を保つためのものでしたが、「毛が薄くなった」という声が多く寄せられました。「脱毛に利用できるのではないか?」として研究・開発されたのがフラッシュ脱毛機なのです。

美肌効果のために作られた機械であることから、脱毛サロンのフラッシュ脱毛には「ムダ毛を処理しながら肌を美しくする」作用があることが特徴です。

更に脱毛をすることで毛穴の皮脂詰まりを解消し、ニキビが改善したという声も多く、またワキ脱毛でワキガが改善されたという声も多く寄せられています。

毛根を破壊するというと、なんだか肌に悪いのかなという気持ちになる方もいると思われますが、フラッシュ脱毛は美肌の事をなにより考えられて行われているものですので、安心して施術を受けることができますよ。

「脱毛しながらキレイになりたい」という方には脱毛サロンでのフラッシュ脱毛がオススメです。